D-STAR技術情報

アクセスカウンタ

zoom RSS D-STARからAPRSへのGWを立ち上げました

<<   作成日時 : 2007/04/30 01:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、D-STARのDVモードのデータ転送を利用してGPSのデータを転送することを行っていますが、このデータを、APRS側へ転送するシステムを稼動させました。当局のID-800を使用して、西東京レピータから出る電波を受信し、該当データがある場合は、自動的に転送をしています。該当データに関しての詳細は、Webの方を見てください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
DPRSのGATE局のSSIDが数字ではなくIとなっているのは何故ですか。
JH4XSY/1
2007/05/03 12:55
ご無沙汰しております。
D-STARでは、ルーティングに使用するIDに、コールサイン+一文字の英字(A〜F) で指定することになています。この情報が無線機に書き込まれており、通信のルーティングのためのヘッダーに情報が自動的に付け加えられます。これに倣って、GATE局も他のシステムと区別するため、数字でなくアルファベットを使用しています。ただ上記のA〜Fを指定することも可能なのですが、区別するため現在はIを使用して運用する局が多いだけで、決まった規則はありません。(GとHは、既にD-STARの内部に使用されていますので、割り当て可能なのですが避けています。)
今後の運用に関しては、AE5PL局も決めていないようで、今後の使用され方を見て、調整ということになりそうです。(米国では、レピータ使用時も自動送信を薦めているようなのですが、日本では避けたほうがよさそうなのですが。)
7m3tjz/安田
2007/05/03 13:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
D-STARからAPRSへのGWを立ち上げました D-STAR技術情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる