D-STAR技術情報

アクセスカウンタ

zoom RSS IC706MK2Gへの接続について

<<   作成日時 : 2008/02/23 09:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

画像
ICOM社のIC-706MK2GへDVアダプターを接続すると、変調がうまくかからないとのレポートをいただいています。回路図を見ますと低域での転送ができていないのではないかと思います。どなたか、一度バラクターの接続されています1u(C1018)から直接変調をかけていただけますでしようか。

基板は、MAINボードです。
画像


追記(2月25日) Micro-Capで周波数特性を計算してみました。
画像
9600bps端子に信号を入力した場合のバラクターダイオードでの周波数特性です。この周波数特性を見ていますと、高域が伸びすぎているようにも見えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「IC706MK2Gへの接続について」について
「IC706MK2Gへの接続について」について ICOM IC−706MK2GSを持っていますが、DVアダプタで、なかなかうまくいかないでいました。IC−706MK2Gはユーザも多いでしょうから繋ぎたい方も多いはずです。一度試しておいたほうがよいと思っていました。 今回、回路図や、基板パターンを提供していただき、確認をしてみたいと思います。IC−706MK2GSは、奥のほうにすえつけているので確認には少し時間がかかりますが、確認したいと思います。 ...続きを見る
趣味のブログ
2008/02/23 11:11
「IC706MK2Gへの接続について」について
「IC706MK2Gへの接続について」について Micro-Capで周波数特性計算してみました。9600bps端子に信号を入力した場合のバラクターダイオードでの周波数特性です。この周波数特性を見ていますと、低域は問題なさそうですが、高域が伸びすぎているようにも見えます。これが原因かもしれません。 ...続きを見る
D-STAR技術情報
2008/02/25 17:04
「IC706MK2Gへの接続について」について
「IC706MK2Gへの接続について」について IC−706MK2GSの変調がうまくかからない件に関して、実際に、バラクタのアノード側に、2.2kΩと4.7μF(1μFがなかったので)をシリーズにつないだものを半田付けして確認してみました。 IC−706は、送受切り替えがリレーなので、頭切れとなるため、ディレイ時間を、50msから500msに変更してやってみました。 電波をFMモードで受信してみたとき、音が改善されるようなのですが、DVモードで受信していてコールサインは表示されませんで... ...続きを見る
趣味のブログ
2008/03/02 20:08
「IC706MK2Gへの接続について」について
「IC706MK2Gへの接続について」について IC706MK2Gが借りられましたので、送信時の波形を別の受信機の9600bpsのパケット端子で確認してみました。アイパターンには成らず、高域が本来欲しいゲインの半分程度にななっているのが確認できました。これから対策を考えて見ます。 ...続きを見る
D-STAR技術情報
2008/04/30 00:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
IC706MK2Gへの接続について D-STAR技術情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる