D-STAR技術情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ノードアダプターのC7、C8(C9、C10)について

<<   作成日時 : 2008/08/18 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ノードアダプターのCMX589AのDoc1とDoc2に使用しているコンデンサのC7、C8(別冊CQハムラジオ第4号の場合はC9、C10)の0.27uFですが、パーツ店の店頭から姿を消してきています。本来このコンデンサの値は、4800bpsで使用する場合は、0.025uFが推奨値なのですが、この値が無いことから0.027uFを使用するようにして回路を決めていました。しかし、この値も入手が難しくなった事から、回路を0.022uFに変更しました。(動作確認済みです。)


写真左上のシルクがCMX5と見えているICソケットの右上のC7、C8が以前の写真では、マイラーコンデンサを使用していましたが今回積層セラミックコンデンサの0.022uF に変更しました。


上記写真は、ノードとして使用する場合に必要な最小限度の部品の取り付けになっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノードアダプターのC7、C8(C9、C10)について D-STAR技術情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる