D-STAR技術情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 海外事情 その1 DVDongle

<<   作成日時 : 2009/03/08 18:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


DVDongle これは、7L1RLLの若鳥さんがD-STARの初心者用MLに書かれていますので概要はご存じの方は多いと思いますが一応解説をアップします。なお、技術的な話だけで、電波法上で運用可能かどうかの話しではありませんので、注意してください。

ハード
DVDongleは、アリゾナのグループのDVXプロジェクトから、RF部分とA/D D/A部分をなくしたものです。ただし、DVXではAMBE-2020が使用されていたのですがDVDongleでは、AMBE-2000が使用されています。AMBE-2020は、半二重通信用のICでAMBE-2000は全二重通信用のICです。コーデックそのものは同じです。

ソフト
これは、アリゾナのグループのAA4RC(Robin Cutshaw)によって開発されているものです。そもそも彼が管理しているレピータの使用状況を出張先(ホテル)から確認したいということで作成されたシステムです。ですので、最初からPCでアクセスすることを念頭にして作成されています。さらにモニターが目的でしたので、ゲートウエイ(レピータ)を流れるUDPパケットをモニターして、その音声パケットをそのまま転送する方法がとられています。このパケットをモニターするソフトがD-STAR MONITORです。(言語はJAVAで書かれています。)このプログラムを拡張して送受信できるようにしたのがDplusです。

http://www.opendstar.org/tools/

から、ダウンロード出来ます。このプログラム(Dplus)は、ICOM社のソフトでなく先のAA4RC(Robin Cutshaw)の個人のプログラムであることと、最新バージョンは、海外の最新バージョンのゲートウエイソフトに対応しているため、国内では動かないことです。


蛇足ですが、上記ソフトを開発為に、ゲートウエイを流れるパケットをモニターするためのツールもRobinによって開発されています。上記URLからダウンロード出来ます。 dshark がそのプログラムです。(海外バージョンの最新版に対応していて、国内のゲートウエイで使用すると表示がおかしくなるかもしれません。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海外事情 その1 DVDongle D-STAR技術情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる