D-STAR技術情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「dxchangeの最新バージョンについて」について

<<   作成日時 : 2016/06/21 08:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

dxchangeの最新バージョンについて」について
最新バージョン(現在のバージョンは00.98です)では、ゲート越だけですが、アシスト回線の先のレピータの情報も転送するように変更しました。またシリアルポートからの入力にも対応しました。このための設定方法を http://app.d-star.info に置きましたので、設定の参考にしてください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
Dxchangeの新機能の説明(X-Change_ext.pdf)を読みましたが文中にある「INET_DPRS_OUT=9」の初期設定値「9」に関する説明がありません、文中には「1」or「0」が設定値のように記述されています、誤植でしょうか?
JR2JDE
2016/06/29 08:55
ご指摘、ありがとうございます。修正版に置き換えました。

安田
7m3tjz
2016/06/29 09:11
修正確認しました、ありがとうございました。
 Default: INET_DPRS_OUT=0  
と言うことは、山掛け運用では位置情報はサーバへ送信するが、GW越えの場合は送信しない、但し相手側でDxchangeが稼動していれば相手側から送られるということと理解いたしました。設定を「1」にすると情報の重複が発生しますが国内のサーバで重複排除をしているので運用には支障は無いと考えてよろしいでしょうか(DPRSサーバ側の負荷、トラフィックは増大しますが・・・)
JR2JDE
2016/06/29 12:48
本来であれば、全てのレピータにdxchangをインストールしていただくのが理想なのですが、現状では、まだ全てというわけにはいきませんので、ゲート越えだけでも転送できるようにするために拡張した機能です。お察しの通り、重複パケットは発生しますが、約1年半サーバーを運用してきましたが重複による負荷も大きくないことから実施に踏み切りました。

安田
7m3tjz
2016/06/29 23:09
7m3tjz安田さん、いろいろとありがとうございました。
JR2JDE
2016/06/30 08:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
「dxchangeの最新バージョンについて」について D-STAR技術情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる