完全自作DVアダプタの復調に成功

画像
現在、先のノードアダプター(DVデジピーター)を拡張して、完全自作DVアダプターの作成を行っているのですが、AMBE2020およびAD73311を使用して受信した信号の復調に成功しました。これで受信側のPICプログラムは、一応完成です。これから送信側のテストに入ります。なお、ノードアダプターでは、PIC18F2550を使用していたのですが、I/Oピンの数が足らないことから、PIC18F4550でテストを行っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「完全自作DVアダプタのの復調に成功」について

    Excerpt: 「完全自作DVアダプタのの復調に成功」について 現在、送信のテストを行っているのですが、この過程で5Vと3.3Vのレベル変換での遅延が気になることから、PIC18LF4550とCMX589Aの電源電圧.. Weblog: D-STAR技術情報 racked: 2008-09-14 09:18