極性反転回路

「FT-7800、FT-8800のパケット端子」について」について
一部のデュアルバンドモードのトランシーバーでVとUでパケットの9600bpsの出力/入力の極性が反転しています。ノードアダプターの、この対策として基板上のオペアンプを非反転/反転増幅に切り替えられるジャンパーを設置することを考えたのですが、同じリグで運用バンドを切り替える度に、ジャンパーを設定し直すのは不便なことから、USB経由で切り替えられる回路を試していたのですが、正常に動作することが確認できました。これで、これまでUT-118を使用したアダプターで動作しなかったリグもこれで動作するのではないかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック