IC-706MKIIGでも動きます

UT-118を使用したアダプターから問題になっていましたIC-706MKIIGですが、下記対策で無改造で正常に動きます。

1.リグからの9600bpsの出力に約5Vの直流が重畳されていますので、10uFを直列に入れて直流分をカットしてください。

2.アダプターからの出力の極性を反転してください。アダプターのオペアンプを非反転増幅回路に変更するか、アダプターとリグの間に反転増幅回路を入れてください。(リグへの出力レベルを下げることを忘れないようにしてください。)

これで正常に送受信できます。ノードアダプター、DVアダプターも同様の対策でIC-706MKIIGでも使用できます。


追記(2月9日) 直流分をカットするコンデンサーの値が大きいと、送信モードに切り替わらないとの報告がありました。コンデンサーの値には注意してください。原因は、PTT回路のオープンコレクターのTRの電流不足でした。ベースとPICの間に入れてある抵抗の値を47Kから4.7Kに変更して下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック