PIC32MX用のマザーボードの配布を行います

画像
PIC32 Ethernet Stater Kit (DM320004)」について


パターンの確認の為、発注していた基板ですが、パターンに間違いがありますが、半田ブリッジで対応できますので配布を行います。

この基板は、3箇所修正が必要です。

1.パターンに一箇所間違いがあります。PIC32MXとつなぐコネクターのピンが一箇所間違っていました。本来のピンでなく、隣のNCのピンに接続されています。0.5mmピッチのコネクターですので、隣とまたぐように半田ブリッジすることで対応できます。


2.マザーボード上に3.3Vの電源回路があるのですが、PIC32MX側の3.3Vのレギュレータ回路の方が電源容量が大きいので、こちらを使用することにしました。マザーボード上の3.3Vの3端子レギュレータは、使用しないで下さい。(U2,C3,C4は、必要ありません。)


3.5Vの3端子レギュレータは、78L05でなく500mA以上の78M05、7805もしくはTA48M05Fを使用してください。基板の穴の大きさの関係でTA48M05Fが適当なのですが、シルクの向きが逆になりますので注意してください。(かなり発熱しますので、1Aタイプの7805の方がよいのですが。)

これ以外に、Starter kitを固定する穴の位置が約1mm程度内側に入っています。

以上の対応が必要ですが、興味のあるい方は安田までご連絡ください。金額は、基板、MACアドレスが書き込まれた25AA02E48、そしてコネクター
のFX10A-120S/12-SV(71)を送料込みで1000円でお分けします。

他の部品は、秋月もしくは千石で入手可能です。またEthernet Starter kit (DM320004)は、DigiKeyやMicrochip Direct等から入手可能です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック