multi_forwardへの異常アクセス その2 {追記あり)

表示内容に関して指摘がありましたので、運用を取りやめました。 依然として間違った設定のまま使用されている方がおられますので、設定が正常なのかどうか確認できるようにJK1ZRW Bのmulti_forwardへのアクセスのログを見られるようにしました。JK1ZRW Bへdmonitor等で接続した後、下記URLを見てください。con…

続きを読むread more

multi_forwardへの異常アクセス

今朝ほどから、新アクセス方法に変更していただいた方からのアクセスの内、コールサインの設定が間違っている方がおられます。こちらのログを見ていますと、このアクセスの後multi_forwardが不調になているようですので、こちらで確認できるアクセスパターンに関しては、対策を施しました。当局が掌握しているパターン以外のもあるかもしれませんが、…

続きを読むread more

multi_forwardへの接続コールサイン (追記あり)

multi_forwardの接続コールサインの認証方法ですが、管理サーバー上で機能しているコールサインに限ります。登録しただけで一度も使用されていないコールサイン(機器名を含めて)は、認証で拒否されますので、一度通常のレピータ経由の交信で使用してください。 追記 昨年の管理サーバーの新システム移行時に、それ以前のアクセス情報はクリ…

続きを読むread more

V01.00 (dmonitor buster) 期日を変更しました

V01.00 をデポジトリーにアップしました。 今回のアップデートは 1.接続時に自局のコールサインを認証するように変更しました。 2.前バージョンからですが、送信時の自局コールサインを認証するように変更しました。 「システム ツール」から設定できます。 これらのコールサインは、機器名を含めて管理サーバーに登録されている必要が…

続きを読むread more

hole punchサーバーのハッキング対応版を明朝より稼働させます

ハッキング対策として、明朝より対策板のhole punchサーバーを稼働させます。対策板のhole punchに対応しているdmonitorは、v00.65からです。 ノラゲートに関しては、製作者に連絡済みですので、そちらで確認の上、対応版に変更していただくようお願いします。
コメント:12

続きを読むread more

ポート40001への不正アクセス

現在レピータに対して、ポート40001のUDPでの不正アクセスが確認されています。このポートはDDモードで使用されるポートですので、DDモードを運用されていない場合は、このポートを閉じて頂くようお願いします。 安田
コメント:0

続きを読むread more

multi_forwardの不具合他

multi_forward不具合で、各局には、ご迷惑をおかけしました。修正したmulti_forwardをレポジトリーにアップしました。明朝、自動更新されますが、急がれる場合はお手数ですが、手動でmulti_forwardをアップデートしていただくようお願いします。 なお、現在各レピータに対してオランダよりハッキングが行われている…
コメント:0

続きを読むread more

一部のプログラムによるアクセスについて

multi_forwardは、レピータのDVモードのモニターを目的としたシステムです。これに対して、DDモードのパケットを転送してくるプログラムがあ有るのを確認しています。これが原因で、レピータがフリーズする事例が報告されています。multi_forwardの機能を理解の上、プログラムを作成していただくようお願いします。また、オランダか…
コメント:15

続きを読むread more

V00.64 (dmonitor buster)

Webからシステムのアップデート、再起動、シャットダウンが出来るように変更しました。 追記 「システム アップデート」を選択した場合、dmonitorだけでなく、他のプログラムのアップデートも同時に行われるため、タイミングによってはアップデートに長時間かかることがありますので、注意してください。
コメント:0

続きを読むread more

「無線部ヘッダーの自局コールサイン2」にヌルが設定されているパケットはブロックします

「無線部ヘッダーの自局コールサイン2」にヌルが設定されていることで、管理サーバーの一部のプログラムに不具合が発生しています。このため、8月13日午前4時以降、ヌルが設定されている場合は、パケットを削除します。(交信が出来なくなります。)管理サーバのログからは、どのプログラムか特定できないのですが、発生頻度を見ていますと、一部のプログラム…
コメント:0

続きを読むread more

D-STAR関連のプログラムを作成されている方へ

無線部ヘッダーの自局コールサイン2にヌルを設定されているプログラム(無線機かもしれません)が、見受けられます。この無線部ヘッダーを受信した場合、無線機側での動作が保証できません。お手数ですが、表示可能な文字(例えば空白)にしていただくようお願いします。 なお、次期仕様書では、これらを明示的に書き込むようにします。 安田
コメント:1

続きを読むread more

v00.59 (dmonitor buster)

V00.58のインストーラーにバグがありましたので修正しました。また、現時点では、シリアルポートが不安定ですので使用しないでください。(busterが原因かどうかを調査中です。) 安田
コメント:0

続きを読むread more

multi_forward

現在運用していますmulti_forwardは、同じエリアレピータに居る局に対して、コールサイン指定で相手を呼びますと、一度ゲート側に転送しますが、このパケットが送られた側に戻ってきます。このためRF側に対しては、重複パケットを削除するようにプログラムされているのですが、multi_forward側では、送信先のフラッグを見て、転送する…
コメント:1

続きを読むread more

V00.58 (dmonitor buster)

WiFiと有線LANが同時に有効になると、ブラウザーで表示が出なくなるバグを修正しました。なお、stretchの環境をbusterに入れ替えましたので、stretchのサポートは、V00.56で終了します。 安田
コメント:0

続きを読むread more

buster版をアップロードしました

busterに対応するための修正が終りましたので、サーバーにアップロードしました。(V00.57です。)またbusterに対応するための加筆をした説明書もアップしました。(V00.18です。) レポジトリーでインストール場合は、説明書を参照の上、インストールしてください。イメージファイルは、stretchと区別するためhttp:/…
コメント:1

続きを読むread more