V01.14 (dmonitor buster)

V01.13でRaspiのブラウザーをchromium-browserに変更しましたが、高負荷になるためsurfに戻しました。但し、chromium-browserでサポートしていた一部の機能はサポートされていないため表示の一部を変更しました。dmonitorへの変更はありません。
自動立ち上げを使用される場合は、/etc/xdg/lxsession/LXDE-pi にあるautostart の最後の行の@chromium-browser http://localhostを@surf -F http://localhost に変更してください。後ほどこれらの処理をしたイメージファイルをアップします。

高負荷の症状としては、レピータ一覧等の表示が途中で止まります。(不完全な表示)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0