D-STAR関連のプログラムを作成されている方へ

無線部ヘッダーの自局コールサイン2にヌルを設定されているプログラム(無線機かもしれません)が、見受けられます。この無線部ヘッダーを受信した場合、無線機側での動作が保証できません。お手数ですが、表示可能な文字(例えば空白)にしていただくようお願いします。 なお、次期仕様書では、これらを明示的に書き込むようにします。 安田
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

V00.60 (dmonitor buster)

度々ですが、インストーラーにバグが見つかりましたので、修正しました。イメージファイルは、V00.58で修正済みです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

v00.59 (dmonitor buster)

V00.58のインストーラーにバグがありましたので修正しました。また、現時点では、シリアルポートが不安定ですので使用しないでください。(busterが原因かどうかを調査中です。) 安田
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

multi_forward

現在運用していますmulti_forwardは、同じエリアレピータに居る局に対して、コールサイン指定で相手を呼びますと、一度ゲート側に転送しますが、このパケットが送られた側に戻ってきます。このためRF側に対しては、重複パケットを削除するようにプログラムされているのですが、multi_forward側では、送信先のフラッグを見て、転送する…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

V00.58 (dmonitor buster)

WiFiと有線LANが同時に有効になると、ブラウザーで表示が出なくなるバグを修正しました。なお、stretchの環境をbusterに入れ替えましたので、stretchのサポートは、V00.56で終了します。 安田
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

buster版をアップロードしました

busterに対応するための修正が終りましたので、サーバーにアップロードしました。(V00.57です。)またbusterに対応するための加筆をした説明書もアップしました。(V00.18です。) レポジトリーでインストール場合は、説明書を参照の上、インストールしてください。イメージファイルは、stretchと区別するためhttp:/…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

dmonitor が buster では動きません

最近リリースされた新しいraspbianのbusterですが、web serverのlighttpdが現時点では動きません。問題が解決するまで、busterでなくstretchで使用してください。 安田
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hole Punch サーバーにアクセスされる方へ

Hole Punchサーバーにポート8080でアクセスされる方の中に、正規の手順でないアクセスをされている方がおられます。ブラウザー経由でアクセスされる場合は、問題ないのですが、自作のプログラムからアクセスされている方の中に、If-Modified-Since: でファイルの情報を返していない方がおられます。サーバー側で対応しましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V00.56(dmonitor)

dmonitor v00.56 のイメージファイルをアップロードしました。管理サーバーへの2重登録のバグを修正しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LEDの配線(V00.55 dmonitor)

説明資料はアップデートしましたが、こちらにも配線図をアップしておきます。GPIO19がリグの読み書き、GPIO26がインタネットへの読み書きです。書き込みは、短い点滅、読み込みは、少し長い点滅です。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Multi Forward

最近、実在しない「JARL Multi Forward Link」と呼ばれるプログラムに関する質問を受けるようになりました。JARL D-STAR委員会が、新仕様書の機能確認作業の為に開発したのは、「Multi Forward」で「JARL Multi Forward Link」ではありませんので、「JARL Multi Forward…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V00.55(dmonitor)

dmonitorを立ち上げた直後のリグの初期化に時間がかかっているようなので、現在調整をおこなっています。他にも、チューニングを施しました。また、接続が正常に行われているかどうかの確認ができるように、Rapsberry PiにLED接続して表示するようにしました。これに伴い、libwiringPi.soがインストールされていないと正常に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SYNフラッド攻撃 (DDoS攻撃)

現在、メイン管理サーバーに対して隣国からSYNフラッド攻撃(DDoS攻撃)を受けています。現時点では、管理サーバーの運用に影響はないと思われますが、レピータ側で管理サーバーに対するtimeout等が発生している場合は、当方までお知らせください。なお、サーバー側の一部プログラムに対して影響が出ていますが、自動リカバリーが機能して、運用には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

V00.49(dmonitor)

先の書き込みにありますようにCentOS5のアップデートが出来なくなったことにより、multi_forwardとdminitorの整合性が一部取れないことから、dmonitorの対策版をアップロードしました。バージョンは、V00.49です。イメージファイルもアップロードしてありますので、このバージョンにアップデートして使用してください。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CentOs 5 の32ビット版のサポートについて

昨日、CentOs 5 の32ビット版のアップデートプログラムを作成していましたPCがクラッシュしました。このOSはサポートが打ち切られてから、4年以上経過しています。このため、修復に必要なプログラムを入手できなくなってます。このため、CentOs 5 の32ビット版のサポートを打ち切りますので、管理団体に置かれましては、OSをCent…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

V00.48(dmonitor)

V00.47までの仕様では、SDカードに耐久性の問題が発生しそうなので、一部のファイルをram diskに移動しました。これに伴い、レポジトリーからのインストール/アップデートの場合は、下記作業を行ってください。 /etc/fstab の最後に tmpfs /var/tmp tmpfs nodev,nosuid,size=1…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

v00.46-1(dmonitor)

IPV6が有効な場合、Webやdmonitorが正常に動作しないため、IPV6を無効化したイメージファイルをアップしました。なお、イメージファイルでなくデポジトリーからインストールされた場合は /etc/sysctl.conf の最後に、下記の一行を追加してください。 net.ipv6.conf.all.disable_ip…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more