テーマ:ノード

ノードアダプターの水晶の周波数について

公開していますノードアダプターの水晶は、24MHzを使用するようにしてあるのですが、使用しているPIC18F2550は、この水晶の周波数を基準にして内部のPLLで48MHz(96MHz)を生成して内部でクロックに使用しています。この基準の周波数は、4MHzの整数倍であれば動作します。(ただし、PIC18F2550のconfigの設定を変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「GMSK用ICチップCMX589A」について

「GMSK用ICチップCMX589A」について 最近購入された人からの情報によりますと、購入単価が下がっているようですので、購入される場合は一度確認されることをお勧めします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DPRS用インターフェース

ノードアダプターのアプリケーションの一つとして、DVモードの簡易データ通信エリアのDPRS情報を取り出し、DPRSにCOMポート経由で渡すプログラムのテストをしています。現在の所、問題なく動いていますので、もう暫く様子を見て問題が無ければ、プログラムを公開します。 このアプリケーションは、D-STARのDVモード対応リグでなく、通…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノードアダプターのC7、C8(C9、C10)について

ノードアダプターのCMX589AのDoc1とDoc2に使用しているコンデンサのC7、C8(別冊CQハムラジオ第4号の場合はC9、C10)の0.27uFですが、パーツ店の店頭から姿を消してきています。本来このコンデンサの値は、4800bpsで使用する場合は、0.025uFが推奨値なのですが、この値が無いことから0.027uFを使用する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Watchdog Timerを追加しました

ノードアダプターに暴走対策として、Watchdog Timerを追加しました。これは、元々PIC18F2550に備わっている機能なのですが、今回この機能を使用するようにPICプログラムを変更しました。プログラムだけの変更で、回路の変更はありません。現在の設定は、PICプログラムが2秒強間、暴走していると判断される場合は、強制的にリセット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

制作のための説明書をアップしました

プリント基板を使用したノードアダプターの制作に関する説明書を当方のWebにアップしました。 http://d-star.dyndns.org または http://d-star.dyndns.org/node_adapter.html.ja を見てください。 追記(8月9日) 説明書の公開を中止しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「基板が届きました」について

「基板が届きました」について オプションもテストしました。別冊CQハムラジオ第4号の回路を変更したことに伴い一部プログラムにミスがありましたが、正常に動くのを確認しました。これで、プリント基板に問題は無いことが確認できました。(プリント基板の修正、変更はありません。)写真は、LEDを基板外に取り付ける場合のコネクターを除いて、全て実装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「基板が届きました」について

「基板が届きました」について オプション部分を除いて(まだテストしていません)、PICの書き込みもJDMタイプのプログラマーでコネクターから正常に書き込めるのを確認しました。これで、ノードアダプターに関係する部分に問題が無いことが確認できました。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新しい回路用のHexファイルをアップしました

ノードアダプター(DVデジピータ)の新しい回路(V01.00)用のPICプログラムのHexファイル(V01.01)をアップしました。ただし、本体部分だけで、オプション部分に関しては、現在テスト中ですのでもう少し先になります。 URLは http://d-star.dyndns.org/node/Node.hex です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基板が届きました

発注していたノードアダプター(DVデジピータ)のプリント基板が届きました。テストの為、組み立てているのですが、6Pのコネクター(ミニDINと基板を接続するのに使用する)が手元に無いことが分かり、途中でやめています。一応USB周りとPICは、正常に動いていることが確認できましたので、6Pのコネクターを調達に出かけることにします。(オプショ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

基板を起こすのに使用した回路図をアップしました

「ノードアダプター(DVデジピータ)の基板を発注しました」について 基板を起こすのに使用した回路図を当方のWebにアップしました。 http://d-star.dyndns.org/node/NodeAdapter.V01.00.pdf です。ただし、この回路では、これまでのPICのプログラムは使用できませんので、注意して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノードアダプター(DVデジピータ)の基板を発注しました

「ノードアダプター(DVディジピータ)」について 今日(7月24日)、基板のパターンの確認のため50枚発注しました。7月31日発送とのことですので、来週の週末には、基板を使用したアダプターの試作ができると思います。この試作で問題なければ、配布を行います。また、希望者が多ければ基板の再発注を行いますが、IC等については現時点では配布の予…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ノードアダプター(DVディジピータ)」について

「ノードアダプター(DVディジピータ)」について 先の変更以外、回路図の変更はないのですが、PICのプログラムの内、ビット同期、フレーム同期、再同期の検出ロジックを変更しました。また、基板のパターンも少し見直しを行っています。この見直しが終われば、一先ず50枚発注する予定です。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノードアダプター(DVディジピータ)

今回、CML社のCMX589Aのアプリケーションノートに従って、RxDcAcq、RxHOLDN、PLLacqを制御するように変更しました。これで、先の書き込みにありますように受信時の復調に失敗する確率がかなり減少しました。この回路をリリースバーションとすることにします。この回路に従って起こした基板のパターンが、下記図です。このパター…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ノードアダプターについて」について

「ノードアダプターについて」について 修正した回路でテストしてみました。かなり改善されます。一部PIC側のプログラムにバグがあるようなので今後デバッグを続けますが、回路はこれで固定することにします。 なお、この修正に関する記述は http://www.cmlmicro.com/products/applications…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノードアダプターについて

ノードアダプター(回路図のバーションV00.17)ですが、受信時のGMSKシグナルのロックに失敗する(特に、暫く信号が無い後に信号を受信した最初のパケットの受信に失敗する)事象に対応するため、これまでCMX589AのRXHOLDNとDXDCacqをロジックレベル1(これはUT-118等で使用されている設定です。ただしUT-118等では、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

再びマイクロセルでの運用について

「マイクロセルでの運用のお願い」について V/U/SHF帯のハンディートランシーバーなどの小さなパワーのトランシーバーなどでも,広範囲に交信ができるようにするための中継システムがレピータです。このため、これまではレピータのサービスエリアを大きく取れる場所や、山越えの交信が出来る山頂に設置されてきました。このシステムの最大の欠点は、誰か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ノードアダプターをバージョンアップしました」について

「ノードアダプターをバージョンアップしました」について 基板の試作(パターンを起こしただけで、内容の確認はしていません。)を現在行っています。確認が終われば、発注しますのでもう暫くお待ち下さい。サイズは、SS-125に収まる101mm X 69mm です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JK1ZRWの変更申請が許可になりました

「「ノードアダプターの変更申請」について」について ノードを常時立ち上げるためにクラブ局(JK1ZRW)で申請していました変更申請が7月1日付けで許可になりました。438MHz帯で空いている周波数を確認の上、ノードの常時運用を始めたいと思います。なお、ノードプログラムでは、スケルチを見ていますので(アナログ通信を含めて)、送られて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノードアダプターをバージョンアップしました

CMX589AのPLLacqの処理を追加しました。これに伴い回路図はV00.17、PICのプログラムはV00.28にアップデートしました。 現在回路の検討を再度行っています。この検討が終われば、両面基板を作成、配布しますので暫くお待ち下さい。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノードのクライアントプログラムの使用に関して

「ノードのクライアントプログラムの使用に関して」について ノードのクライアントプログラムを使用される場合、インターネットとの接続に使用されいているルーターで、ポート39998のUDPがノードアダプターを接続しているPCに転送されるように設定してください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノードのクライアントプログラムの使用に関して

ノードプログラムをテストして頂きありがとうございます。ハッキング/アタック対策の関係で、何も指定しないで立ち上げますと、サーバー側(サーバーは、デフォルトで当方のサーバーに接続するように設定されています)で接続を拒否しますので、少なくともconfigファイルで、  MyCallSign="7M3TJZ N";  の様にコール…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノードプログラムをアップデートしました

以前のバージョンとの間で互換性が無くなったことに伴い、サーバー側でPC側のバージョンをチェックするように変更しました。V00.36以降のプログラムで無い場合は、サーバー側で無視しますので、アップデートしてご使用ください。 ノードプログラム実行形式+音声ファイル+設定ファイル(V00.36 2008/06/15) ノードプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノード制御プログラムをアップデートしました

不正アクセス対策でサーバー側のロジックをアップデートしました。この関係で、PC側も変更しました。これに伴い、これまでのバージョンは使用できませんので、アップデートしてご使用ください。 ノードプログラム実行形式+音声ファイル+設定ファイル(V00.31 2008/06/05) ノードプログラムの使用説明書(V00.05 200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

録音・再生プログラムを同梱しました

度々のアップデートなのですが、誤動作対策の一環としてPC側のプログラムで受信したMyCallとYourCallのチェック(英数字以外をチェックしているだけです)をするように変更しました。(V00.27です。)これに伴い、コールサインエリアに許されない文字が含まれる場合、その旨を音声でアナウンスするようにしました。この音声ファイル(他の音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ノード制御プログラムをバージョンアップしました」について

「ノード制御プログラムをバージョンアップしました」について ノードプログラム以外からのアクセスで誤動作する事態が見受けられます。この対策として、ノード間のパケットのチェックを厳しくしました。この関係で、このバージョン(V00.25)と以前とのバージョン間では交信できませんので、注意してください。 ノードプログラム実行形式+音声フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more