テーマ:製作

「CMX589AP4」について

「CMX589AP4」について DVアダプター用のICですが、昨年11月に前払いでオーダーを出したいのですが、6ヶ月が経過しましたが未だに送ってきません。連絡すれば、まだICが送って来ていないと繰り返すだけで詐欺に遭っているようなのですが・・・・ 相手は、PA4YBRのFredなのですが
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「完全自作DVアダプターの基板」について

「完全自作DVアダプターの基板」について 再掲載になりますが、配布しています基板には、オーディオ出力の増幅回路、レピータ情報等の表示、設定回路は含まれていません。また、レピータ情報等の表示、設定には、USB経由またはRS232C(レベル変換のICは、搭載していません)経由でPC等から行うようにしてあります。必要に応じて、各自必要な回路を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「DVアダプターの基板」について

「DVアダプターの基板」について 新しいDVアダプター基板の配布、及びICの配布に関するアナウンスはWebの方で行いますので、興味のある方はWeb(http://d-star.dyndns.org)のチェックをお願いします。なお、公正さを欠くため、事前受付は行いませんので宜しくお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVアダプター制御プログラム

DVアダプターの制御プログラムとPICプログラムを拡張しました。今回の拡張は、AMBEのデコード出力のボリュームコントロールを追加しました。ヴァージョンは、V01.08です。この機能を使用する場合は、PICプログラムをアップデートする必要があります。V01.17以降です。なお回路の変更はありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVアダプターの基板

昨日(12月9日)に、DVアダプターの基板の再発注をしました。納期は、12月19日出荷予定ですので12月20日には入手できると思います。なお、今回の基板はWeb上で公開しています変更とUSBコネクターをAタイプからBタイプに変更しています。基板の確認で問題がなければ、配布を行います。金額は、千円+郵送料(ノードアダプターの基板と同じです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

レピータからの"********"の応答について

「ノード用PICプログラム」について ノードアダプターとは直接関係ありませんが、最近(西東京の430MHzのレピータですが)、YourCallが"********"のレピータからの応答をよく目にするようになりました。通常ですと、レピータからの応答の前に転送を要求している局のヘッダーや音声が転送されてくるのですが、これが無く直接上記のレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVアダプターの基板の配布を終了しました

DVアダプターの基板の手持ちが無くなりましたので、配布を終了しました。近々再発注を予定していますので、暫くお待ち下さい。なお、年明けにはCMX589AP4、AMBE2020そしてAD73311ARZを少数ですが配布できる予定です。(価格は、未定です。) 追記(11月30日) PIC18LF4550も提供できる予定です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CMX458AP4とAMBE2020の配布

PA4YBR局が、CMX589AP4とAMBE2020の配布を計画しています、興味のある方は彼にコンタクトしてみてください。Fred.van.KempenアットマークMicroWalt.NLです。 Hi, Took a while, but: yeah, we got pricing info. For now, pri…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ノード用PICプログラム」について

「ノード用PICプログラム」について KB9KHM局が、IC-91AD(国内のID-91)とID-800のPTTを押した直後からヘッダーを送出するまでの間の信号を記録していますので、その結果をアップしておきます。 上がID-800下がIC-91ADです。PTTを押されてから実際の信号が出るまでの間に大きな違いがあります。これが復調が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ノード用PICプログラム」について

「ノード用PICプログラム」について V03.12でも復調に失敗するとのレポートを頂きましたので再度検討をしてみました。対策済みのバージョンはV03.14です。なお、今回のバージョンは、回路図の変更を伴います。CMX589AP4の13番ピンと14番ピンの間に1Mの抵抗を追加しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PICkit2での書き込み

ノードアダプターは、JDMタイプのプログラマを使用して書き込むように設計してありますが、PICkit2で書き込む方が、MPLABと連動させて自動で書き込めることから、アダプターを作成しました。 Node Adapter PICkit2 1 (Vpp) --> 1 (Vpp) 2 (PCD) --…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノード用PICプログラム

配布基板用に提供していますPICプログラムですが、ID-800もしくはIC-2820では問題ないがIC-91で復調に失敗することが多いとのレポートを頂きました。IC-800とIC-91の送信ビットストリームを確認したところ、IC-800に比べIC-91は、送信が開始された後、ビット同期信号の送信が行われるまでの間のピットパターンが若干(…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Open DSTAR Gateway project

米国でICOM社製でないレピータを作るプロジェクトOpen DSTAR Gateway project(ODG)が、暫く活動していなかったのですが、このプロジェクトが活動を再開しそうです。詳細は、下記URLを見てください。 http://www.opendstar.org/design/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CMX589AP4

GMSK用のICのCMX589AP4ですが、最近ヨーロッパの局が購入の取りまとめをしています。値段は、来週月曜日に分かるそうですが、以前購入した時の購入価格は一個10ユーロだったそうですので、これに近い値段になるのではないかと思います。 10ユーロで入手可能であれば、DVアダプターの部品が約1万円で揃うことになります。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「AMBE-2020の購入価格」について

「AMBE-2020の購入価格」について 本日(10月31日)、納品されてきました。購入価格は、5個で消費税込みで、17,325円((3300円+消費税) x 5個)でした。これから、もう一台組み立ててみます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「DVアダプター用のHEXファイルと制御プログラム」について

「DVアダプター用のHEXファイルと制御プログラム」について HEXファイルをアップデートしました。また、PC側のプログラムに、実行時に必要なDLL等を同梱しました。 HEXファイル http://d-star.dyndns.org/ambe/Programs/ambe.hex PC用の制御プログラム(DLL等を含む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVアダプター用のHEXファイルと制御プログラム

昨晩から西東京のレピータを使用させて頂き、テストをさせていただきました。一応、問題なく動作することが確認できましたのでプログラムを公開します。 HEXファイル http://d-star.dyndns.org/ambe/Programs/ambe.hex PCで制御するプログラム http://d-star.dy…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「変更申請」について

「変更申請」について 10月24日付けで許可になりました。これで、このアダプターで電波が出せます。テストの為、西東京各局にはご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「AMBE-2020の購入価格」について

「AMBE-2020の購入価格」について AMBE-2020 日本の正規代理店のインターニックス社から購入できます。最低個数は5個、単価は3300円です。 AD73311 アナログデバイス社のオンラインショップもしくは、チップワンストップから、購入できます。なお、本基板で使用できるAD73311のタイプはAD73311ARもしくはA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AMBE-2020の購入価格

日本の正規代理店のインターニックス株式会社から連絡がありました。最低購入個数は5個で、単価3300円です。これで、使用する部品の全てが入手できることになりました。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノードアダプターの水晶の周波数について

公開していますノードアダプターの水晶は、24MHzを使用するようにしてあるのですが、使用しているPIC18F2550は、この水晶の周波数を基準にして内部のPLLで48MHz(96MHz)を生成して内部でクロックに使用しています。この基準の周波数は、4MHzの整数倍であれば動作します。(ただし、PIC18F2550のconfigの設定を変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基板の配布を行っています

現在、「ノードアダプター(デジピータ)」の基板と「完全自作DVアダプター」の基板の配布を行っています。 「ノードアダプター(デジピータ)」の基板に関しては http://d-star.dyndns.org/node_adapter.html.ja 「完全自作DVアダプター」の基板に関しては http://d-st…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「完全自作DVアダプターの基板が届きました」について

「完全自作DVアダプターの基板が届きました」について 基板のパターンの確認と動作確認のため一台組み立てていたのですが、動作確認が取れました。AMBE2020のピンが1本浮いていたため、確認に手間取りましたが正常に動作することを確認しました。基板のパターンですが、リグからの受信信号を受けているオペアンプの前に入れているVRの1番ピンを浮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AKI-PIC2プログラマボード(PICkit2互換)

「PICkit2」について AKI-PIC2プログラマボード(PICkit2互換)が発売になっています。詳細は http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%22M-02495%22&p=1 を見てください。金額が8400円です。本家のPICkit2が4000円ですので・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「PICkit2」について

「PICkit2」について 秋月から「AKI-PIC2プログラマボード(PICkit2互換)」が近日発売になるようです。 詳細は http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=new&s=date&p=1&r=1&page=80#M-02495 を見てください。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

完全自作DVアダプターの使用ICについて

現在試作しています完全自作DVアダプターで使用していますICで秋月等で入手ができないICは、 DVSI社のAMBE-2020 アナログデバイス社のAD73311 CML社のCMX589AP4 マイクロチップス社のPIC18LF4550 です。 この中で、最も入手困難なのは、DVSI社のAMBE-2020です。このチップに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more