テーマ:レピータ

レピータ設置場所にPCを設置しない方法

現在、レピータを設置する場合、設置場所にPCを設置し運用を行っていますが、このPCをレピータ設置場所以外に設置する方法をICOM社のソリューション事業部の好意で試してみました。下記図の様な構成です。(テストを行ったのは、DVモードだけで、DDモードの動作は確認していません。) レピータ設置場所までのインタネット回線がダイナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RSGB(英国アマチュア無線連盟)の機関誌の自作レピータの記事

古い情報ですが、英国アマチュア無線連盟(RSGB)の機関誌の昨年の2月号に、自作レピータの記事が掲載されています。この記事のpdfファイルを下記URLに置きました。 http://www.d-star.asia/misc/D-Star+Repeater.pdf DVモードのG2互換システムです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICOM社のレピーターのファームウェアーの改修が始まっています

あけまして おめでとうございます 昨年末からICOM社のレピーターのファームウェアーの改修が始まっています。今回の改修の詳細は発表されていませんが、デコード率の向上とのことですので、これまでレピーターが "********" を返すことが多かったのですが改善されると良いのですが。 蛇足です 現在の無線部ヘッダー生成方式では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Open DSTAR Gateway project

米国でICOM社製でないレピータを作るプロジェクトOpen DSTAR Gateway project(ODG)が、暫く活動していなかったのですが、このプロジェクトが活動を再開しそうです。詳細は、下記URLを見てください。 http://www.opendstar.org/design/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「GMSK用ICチップCMX589A」について

「GMSK用ICチップCMX589A」について 最近購入された人からの情報によりますと、購入単価が下がっているようですので、購入される場合は一度確認されることをお勧めします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DV Passive Repeater(DV-PR)プロジェクト

G7LWT局とM1BXF局によって、DV Passive Repeater(DV-PR)と呼ばれるレピータの制作が行われています。 http://geekhouse.weebly.com/projects.html このWebページだけでは詳細は分からないのですが、検波出力をそのまま別の無線機の変調入力に入れて再送信する方法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Master 2 レピータ(M2レピータ)がD-STAR対応に

まだ正式発表ではありませんが、DVXやDVDongleを作成しているチームがM2と呼ばれるアナログ・レピータ・システムにアドオンでD-STAR対応のレピータにするオプションとゲートウエイ機能のPCベースのソフトの開発を行っています。コンセプトは、ノードアダプターと同じです。M2レピータに関する情報は下記URLで見られます。ただし、オプシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ディトンでの二日目」について

「ディトンでの二日目」について JARLから米国D-STARユーザーグループに対して送られたメッセージの写しが、ICOMアメリカの下記URLにアップされています。 http://www.icomamerica.com/en/support/forums/tm.asp?m=8109
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ディトンでの二日目」について

「ディトンでの二日目」について WA4YIH局によるイベントの模様が下記URLでレポートされています。 http://www.dstarinfo.com/Dayton/Dayton.htm 追記(5月20日) ICOM社のWebでも紹介されています。URLは http://www.icom.co.jp/topix/200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディトンでの二日目

日本との交信の直前に周波数を変更するなど、現地のサポートグループ(K5TIT他)のサポートを受けての交信でした。交信できた局数の確認はまだしていませんが、多くの局と交信をしていただきありがとうございました。また、交信ができなかった局には、申し訳ありませんでした。MLの方には、日本時間で午前2時ころからロールコールを行う旨、水島さんの方か…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ディトンでの一日目

17日の本番に備えて調整中の様子です。真ん中に見えるのが、19インチラックに収められた、今回使用するK5DIT Bのレピーターです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「D-STAR海外との接続始まる!!」について

「D-STAR海外との接続始まる!!」について 同じ内容なのですが、JARLのMLからの転載です。 ★……………………………………………………………………………………………       デイトン・ハムベンション会場のリアルタイムな情報を            D-STARでキャッチしよう! ……………………………………………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「D-STAR海外との接続始まる!!」について

「D-STAR海外との接続始まる!!」について JARLのD-STAR NEWSによりますとデイトン・ハムベンションの開催期間中(現地時間で5月16日午前9時から5月18日午後1時まで)、デイトン・ハムベンションの会場に設置されたレピータ(K5DIT B 周波数は440.6MHz +)と下記3ヶ所のレピータが相互接続されます。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「GMSK用ICチップCMX589A」について

「GMSK用ICチップCMX589A」について 追記で書いておきましたが、10個発注時の単価は、4、200円+消費税で合計4、410円です。 これは、当方が入手した時の価格ですので、購入される場合は、国内正規代理店のコーンズドッドウェル株式会社に確認していただくようお願いします。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノードアダプターの新しいバージョン

ノードアダプタの新しいバージョン(V00.13)の写真です。今回は、山掛けレピータのための遅延回路をオプションとして装着できるようにしました。使用しない場合は、ヘッダーピンの2箇所を、ジャンパーピンで接続すれば、通常のアダプターとして使用できます。 下記がオプションの写真です。この回路で、最大1.25秒の遅延を発生できます。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ノードアダプターの変更申請」について

「ノードアダプターの変更申請」について 今日(3月19日)、3月14日付で関東総合通信局に提出した旨の通知書が届きました。これとは別に17日に関東総合通信局から電話があり(不在でしたので、18日に連絡しました。)、TSSと協議するとのことで許可はしばらく待ってほしいとの連絡がありました。早く通るとよいのですが。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「DVノードアダプターの「山かけレピータ」動作に成功」について

「DVノードアダプターの「山かけレピータ」動作に成功」について 山掛けレピータモードと通常モードをソフト(USB経由のコマンドで切り替える)で切り替えるようにしていたのですが、山掛けレピータモードではPCを接続して使用することは殆どないと思われますので、ハード(PICのRA3ピンをグランドに落とすことで)で認識するようにし、PCなしで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVノードアダプターの「山かけレピータ」動作に成功

DVノードアダプタに「山かけレピータ」機能の追加を行っていたのですが、正常に動作することを確認しました。ただ、UT-118を使用したアダプタでも同様ですが、送信に使用する無線機の周波数が安定するまで情報の送信を遅延する必要があります。現在のPICでは、RAMエリアが限られているため、100mSec.程度の遅延が限度であるため、使用できる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ノードアダプター」について

「ノードアダプター」について ソースの見直しをしているのですが、フルデュープレックスでの運用に問題はなさそうですので、山かけレピータモードを追加してみます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノードアダプター

現在開発中のDVモードのノードアダプターですが、GMSK用のICのCMX589Aがフルデュープレックスで送受信可能なことから、レピータの様な送受信同時に動作させることが可能です。このためにはPICのプログラムで使用している変数領域を独立させることが必要なのですが、この見直しを現在しています。送受信とも完全に独立させることができれば、この…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ノードアダプターの変更申請

今日(3月12日)、TSS経由でノードアダプターの変更申請を出してきました。今回は、KenwoodのTM-833Vを新規に追加する形でノードアダプターの申請を出しました。基本的にはD-STARの電文形式をそのまま使用するということで、F7Wで許可になりそうです。また、処理も総通との協議は必要なさそうとのことで、早く許可になりそうです。許…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「送信テスト」について

「送信テスト」について PIC側で無線部ヘッダーの処理をするプログラムを追加しました。正常に動作することを確認しました。これでPIC側の基本的機能は完成です。後ほど、PICプログラム等を当方のWebにアップしておきます。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「送信テスト」について

「送信テスト」について 折り返しテストを行って見ました。正常に動作しています。これで送受信とも動作確認がとれましたので、PIC側でヘッダーの生成をするようにプログラムを追加する作業に入ります。 なお、現在使用していますCMX589Aは、GMSKの信号の生成と復調が別回路で構成されていますので、このIC一個で、生成と復調を同時に行…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

送信テスト

「GMSK用ICチップCMX589A」について 受信が正常にできることを確認しましたので、送信のテストを現在しています。一応、PC側からのデータをUSB経由で受け取り、そのまま送信するテストを行っています。CMX589Aのガウスフィルターを通過した後のシグナル(このシグナルをOPアンプを通した後、無線機の変調入力使用します)をシンクロ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

正常に受信できることを確認しました

「GMSK用ICチップCMX589A」について CMX589Aを使用したNodeアダプターですが、PCのUSB経由で受信が正常にできることを確認しました。USBの転送をUSB1.1のSlowモード(8バイト単位での転送)と無線部ヘッダーの復調、およびビット列のバイト単位への位置あわせをPICで行っていますので、取りこぼしが発生しないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「GMSK用ICチップCMX589A」について

「GMSK用ICチップCMX589A」について 昨日(2月27日)入手できました。今回入手したのは、作業のし易さを考え、DIPタイプ(CMX589AP4)を入手しました。この週末、送受信のテストをしてみます。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GMSK用ICチップCMX589A

CML社のGMSK用ICチップCMX589A(D-STAR用のリグ等に使用されているGMSK用のICチップ)が、国内正規代理店のコーンズドッドウェル株式会社経由で入手可能であることが分かりました。(最低購入個数は、10個です。また、10個発注時の単価は、4,200円です。)このチップには、DIPタイプ、SOPタイプがありますが、今回試作…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

APCO P25のアダプター

raytheon社からアナログステーションをAPCO P25対応にするアダプターが出されています。詳細は、http://www.jps.com/downloads/pdfs/P25CCfinal.pdf を見てください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more