テーマ:D-PRS

「これまでD-PRSのiGate局を立ち上げられておられた皆さんへ」について

「これまでD-PRSのiGate局を立ち上げられておられた皆さんへ」について RaspberryPi用のaprxの最新バージョンンの修正版をapp.d-star.infoに置きました。正規のバージョンには、D-PRSの短い間隔での送信に対する制限にバグがあり、機能していないのを修正したものです。また、このバージョンでの制限時間は1分で…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

これまでD-PRSのiGate局を立ち上げられておられた皆さんへ

最近各レピータを、交信目的でなくD-PRSのiGate局として使用されている方を多く見かけます。レピータは、iGate局ではなく、交信をするためのものです。このままでは、近年ターミナルモード/アクセスポイントモードを使用され、直接レピータを使用する方が少なくなってきているとは言え、問題が発生しかねません。このため、D-STAR用のシンプ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「D-PRS情報の送信(追記あり)」について

「D-PRS情報の送信(追記あり)」について 西東京(JP1YIW A)を受信していますと、毎日夕方から明朝にかけて交信するのでなく定期的に(現時点の設定は5分間隔です)でD-PRS信号を送信されている方がおられます。無人での自動送信だと思われます。D-STARのレピータは、交信するためのものでiGate局ではありません。交信目的でア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D-PRS情報の送信(追記あり)

最近レピータに対して、位置情報(D-PRS情報)だけをAPRSサーバーに転送する目的で、長時間自動送信をされてる方がおられます。このような使用方法をされますと、レピータとして使用される方に対して妨害になります。ですので、レピータに対して、自動送信でD-PRS信号だけを送信するのは、控えていただくようお願いします。 追記(令和元年5…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

D-PRSインターフェースプログラム

これまで、JP1YIWのD-PRS信号のモニターに使用していたWindows用のDPRSInterfaceプログラムを、Raspberrypi用のAPRXに変更しました。暫く様子を見ますが問題がなければ、このまま運用を続けることにします。 追記 送信間隔が1分より短い情報はサーバーに転送しない設定に変更しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

aprsサーバーを使用される方へ

aprsサーバーのd-prs.d-star.infoを使用されている方の中に、設定ファイルを使用される方のコールサインでなく、初期値のまま使用されている方を見受けられます。これは、なり済ましに該当しますので、設定を変更して使用してください。 これとは別ですが、SSIDを含めて同じコールサインで接続されますと、切断されますので複数の接続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「dxchangeの最新バージョンについて」について

「dxchangeの最新バージョンについて」について 最新バージョン(現在のバージョンは00.98です)では、ゲート越だけですが、アシスト回線の先のレピータの情報も転送するように変更しました。またシリアルポートからの入力にも対応しました。このための設定方法を http://app.d-star.info に置きましたので、設定の参考に…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「D-PRS(APRS)サーバーを2か所に拡張しました」について

「D-PRS(APRS)サーバーを2か所に拡張しました」について これまで、D-PRSの重複パケットを削除する目的で2カ所にD-PRS用のサーバーを稼働させてきましたが、初期の目的である重複の削除に一定の効果があることと、サーバーの負荷に問題がないことが確認できました。このため、これまでD-PRS以外の転送を制限をしてきましたが、一般の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「D-STAR委員会からのお知らせ」について

「「D-STAR委員会からのお知らせ」について」について 今回配布していますdxchangeですが、一部のレピータで回線の状態がよくなく、TCP/IPの接続を維持できないところがあります。このため、UDPパケットによるSUBMITでも転送できるようにしました。詳細は、X-Change.pdfを見てください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運用ログ表示システム

運用ログ表示システムの「レピータ運用状況の参照」に、今回実施していますID-RP2Cの改修とdxchangeの導入をしているレピータを「D-PRS」に表示するようにしました。なお、dxchangeは、レピータで受信している信号(山掛を含む)からD-PRS信号を抽出してAPRSサーバーに転送するものです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「D-STAR委員会からのお知らせ」について

「D-STAR委員会からのお知らせ」について X-Changeに CENTOS 5 に関する記述を追加しました。 平成27年10月25日 追記 service コマンドが、CentOS5でもサポートされているとの指摘を受けましたので、記述を訂正しました。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「D-STAR委員会からのお知らせ」について

「D-STAR委員会からのお知らせ」について 管理団体の皆さんへ 大変遅くなりましたが、JARLでの決裁が下りたとのことですので、近日中には案内が郵便で届くと思います。なお、経費とCDのコピーの時間を節約するため、必要なファイルは、ダウンロードサイトをお知らせする方法でお送りすることとしましたので、よろしくお願いします。必要な方は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D-STAR委員会からのお知らせ

下記文書は、JARL事務局より配布予定のものです。近日中に管理団体に届く予定ですが、興味のある方に手順書の確認を含めてテストして頂く目的で公開しています。 ======================================================================= D-STARレピーター管理…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ID-RP2Cのファームウエアーの改修

JARL D-STAR委員会では、かねてよりD-PRS信号をI-GATEを通さず直接APRS網に転送する方法について検討を重ねてきました。最近、山掛けを含めて転送が出来る準備が整いました。この為には、ID-RP2Cのファームウエアーのアップデートと新規プログラムのインストールが必要です。この方法について、近々JARL事務局よりリピータ管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JARLの社員総会が近づいてきましたので

「I-Gateを立ち上げられている方へ」について  JARLの社員総会が来月開催されます。昨年末から運用しています、D-PRSサーバーに付いて、設置形態について詳細を公表しなかったこともあり、事実誤認に基づいて社員総会で質問されることが無いように現状を公表しておきます。  このサーバーは、APRS網を重複パケットで圧迫することを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D-PRS(APRS)サーバーを2か所に拡張しました

サーバーのダウンに備えて、2ケ所のサーバーの運用のテストを始めました。利用者からは、繋がるサーバーを指定できませんが、どちらのサーバーに繋がっても2ケ所のサーバーが正常に機能している場合は、同期がとれています。この状態で重複パケットの削除が正常であれば、このままの運用を続けます。また、どちらかがダウンした場合でも、正常に機能しているサー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DPRSInterfaceを運用されている方へ

D-PRSの位置情報の転送をしていただき、ありがとうございます。すでにご存じの方も多いと思いますが、DPRSInterfaceを運用されている同じPCでAGWTRACKERの様な表示プリグラムを運用される場合、D-PRS(APRS)サーバーにこれらの表示プログラムを接続するのでなく、DPRSInterfaceに接続することで表示が可能で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D-PRSサーバーに接続して頂いている皆さんへ

「「I-Gateを立ち上げられている方へ」について」について サーバーからのパケットの取りこぼしを防止するため、ポート 14580 に接続している場合、サーバー間の無送受信時間が長く続く場合があります。この時間がWindowsのスリープ時間を越えるとPCがスリープモードとなり、接続が切断されます。これを避けるため、Windowsのスリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「I-Gateを立ち上げられている方へ」について

「I-Gateを立ち上げられている方へ」について 皆さんの協力のおかげで、D-PRSサーバーに接続していただいている局からの全パケットの約1割が重複(ダブリ)パケットで、これらの削除が実現できています。まだ、D-PRSサーバーに接続していただいていない局からの情報がAPRS網側で重複(ダブリ)として、一部確認されています。皆さんの周り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I-Gateを立ち上げられている方へ

最近、同一レピータに対して複数のI-GATEが稼働されているのが確認されています。この為位置情報がダブってサーバー側に送られ、APRS網の負荷を圧迫しています。この対策としてJARL D-STAR委員会では専用のサーバーを立ち上げこのサーバーでダブりの削除を行うこととしました。つきましては、I-GATEを立ち上げられている方は、下記サー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D-PRSのトラフィックについて

 ご存じの方も多いのですが、最近、D-PRSからAPRSへのデータの転送量が短時間に大量に行われることが問題になっています。多くの方が使用しているjavAPRSSRVRは、通常ですと30秒以内に同じデータを受け取った場合は、その情報を破棄します。現在の日本のように各々のレピータを利用者がワッチして、D-PRSの情報を別々のサーバーに転送…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D2APRSについて

JA7UDE局によって、D-STARからAPRSへGPSの位置情報を転送するプログラム(D2APRSと命名されています)が開発されています。JAVAのランタイムルーティンが要らないなどメリットもあります。興味のある方は、JA7UDE局のWebサイトを見てください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DPRSのサーバーがダウンしています

本日(7月31日)午後8頃、211.130.21.166のサーバーがダウンしています。設置場所が離れているため、復旧は明日10時頃になります。皆さんには、ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。なお、固定IPではないのですが、jk1zrw.dyndns.org(220.221.61.171)でも、サービスしておりますので、復旧までの間…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DPRSInterfaceのバージョンが上がっています

TOCALLのアドレスが、DPRSからの場合、(GPS-Aは、除きます。)APJxxxからAPDPRSに変更になっています。最新のDPRSInterfaceのバージョンは、3.12.12.2 です。DPRSを運用されている方は、バージョンアップをお願いします。 http://www.aprs-is.net から入手できます。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「APRSへのGWを立ち上げませんか」について

「「APRSへのGWを立ち上げませんか」について」について DPRSInterfaceの新しいバージョンがリリースされました。3.12.12.0です。バグフィックスされていますので、新しいバージョンで運用していただくようお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「APRSへのGWを立ち上げませんか」について

「APRSへのGWを立ち上げませんか」について 現在のバージョンに、IC-2820G/DGのGPA-Aモードで、UNPROTO ADDRESSに何も指定しないと異常終了するバグが見つかっています。今日中には対応版がリリースされるとのことですので、GPS-Aモードでの使用には、注意してください。 なお、APRS管理団体から、IC-28…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

APRSへのGWを立ち上げませんか

DーPRSというシステム(XP用のJavaのプログラムです)を使用すれば、DVモードの簡易データ通信機能で行われていますGPSデータの転送の情報をAPRS側に転送できます。 各レピータを常置場所で使用されている皆さんへ ワッチしている無線機から簡易データ通信のデータをもらうだけですので、通常の交信に支障をきたすことはありません。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

D-STARからAPRSへのGWを立ち上げました

皆さん、D-STARのDVモードのデータ転送を利用してGPSのデータを転送することを行っていますが、このデータを、APRS側へ転送するシステムを稼動させました。当局のID-800を使用して、西東京レピータから出る電波を受信し、該当データがある場合は、自動的に転送をしています。該当データに関しての詳細は、Webの方を見てください。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more