アクセスカウンタ

D-STAR技術情報

プロフィール

ブログ名
D-STAR技術情報
ブログ紹介
D-STARに関する技術情報を提供します。   安田(7M3TJZ)


ホームページは http://www.d-star.asia です。


D-STAR™ JARL

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「運用ログ表示システム」について
ターミナルモード/アクセスポイントモードでの運用が「運用ログ表示システム」で表示されない場合、下記の2点を確認してください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/24 07:16
アクセスポイント/ターミナルモードでのインターネット回線
既に多くの方がアクセスポイント/ターミナルモードで交信を楽しまれていますが、一方でうまく交信できない人も運用ログを見ていますと見受けられます。交信ができない原因の多くは、このモードで使用するUDPのポート40000が転送されないことによるものです。現在のレピータ側のプログラムのインタネット側への送受信のUDPポートは、40000に固定されているためです。このためルーターを介してインタネットに接続している場合、このポート番号が転送先まで(レピータまで)維持されていることが必要です。途中でルータやプ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/15 08:46
ID-51 Plus2でのターミナルモードの運用
ID-51 Plus2には、アクセスポイントモードとターミナルモードの2種類の新しい機能が追加されています。どちらのモードの場合でも、インタネットを介してレピータに接続することから、運用する場合、「JARLアマチュア・デジタル通信システム(D-STAR)の運用指針」と「アマチュア無線と公衆網との接続のための指針」 に従って頂く必要があります。ターミナルモードの場合は、ID-51から電波を出すことなくレピータにインタネット回線を介して接続する為、「アマチュア無線と公衆網との接続のための指針」のイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/09 23:19
ID-51 Plus2での運用について
 これまで、DVAPやWires等で問題にされていますように、全ての無線機が変更申請等で許可になていても、同一免許状(一枚の局免)でアクセスポイントに電波を出してアクセスすることは電波法違反に該当するとの各総通の見解が示されていますので注意してください。詳細は下記URLを見てください。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/07 21:41
運用ログ表示システムでの「ターミナル/アクセスポイントモード」の表示について
運用ログ表示システムでアイコム社のID-51Plus2のターミナル/アクセスポイントモード時にレピータ名に「アクセスポイント」と表示するように変更しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/20 13:18
「dxchangeの最新バージョンについて」について
「dxchangeの最新バージョンについて」について 最新バージョン(現在のバージョンは00.98です)では、ゲート越だけですが、アシスト回線の先のレピータの情報も転送するように変更しました。またシリアルポートからの入力にも対応しました。このための設定方法を http://app.d-star.info に置きましたので、設定の参考にしてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2016/06/21 08:54
dxchangeの最新バージョンについて
現在、各レピータの管理団体にお願いしてレピータのバージョンアップを実施しています。このバージョンアップと共に、d-prs情報をaprsサーバー転送するプログラム(dxchange)をインストールしていただいております。このプログラムのバージョンアップを最近行いました。主な変更点は、これまでインターネット経由で転送されてくる情報については、転送の対象にしていませんでしたが、00.87から転送するように変更しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/21 00:32
「D-PRS(APRS)サーバーを2か所に拡張しました」について
「D-PRS(APRS)サーバーを2か所に拡張しました」について これまで、D-PRSの重複パケットを削除する目的で2カ所にD-PRS用のサーバーを稼働させてきましたが、初期の目的である重複の削除に一定の効果があることと、サーバーの負荷に問題がないことが確認できました。このため、これまでD-PRS以外の転送を制限をしてきましたが、一般の転送にも公開することとしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/08 09:47
ゲート超えができない!
新年 あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/04 09:39
DoS攻撃が増えています
レピータ管理団体の皆さんへ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/26 19:27
「D-STAR委員会からのお知らせ」について
「「D-STAR委員会からのお知らせ」について」について 今回配布していますdxchangeですが、一部のレピータで回線の状態がよくなく、TCP/IPの接続を維持できないところがあります。このため、UDPパケットによるSUBMITでも転送できるようにしました。詳細は、X-Change.pdfを見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/22 01:54
運用ログ表示システム
運用ログ表示システムの「レピータ運用状況の参照」に、今回実施していますID-RP2Cの改修とdxchangeの導入をしているレピータを「D-PRS」に表示するようにしました。なお、dxchangeは、レピータで受信している信号(山掛を含む)からD-PRS信号を抽出してAPRSサーバーに転送するものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/04 00:43
「D-STAR委員会からのお知らせ」について
「D-STAR委員会からのお知らせ」について X-Changeに CENTOS 5 に関する記述を追加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/10/24 20:45
「D-STAR委員会からのお知らせ」について
「D-STAR委員会からのお知らせ」について 管理団体の皆さんへ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/21 12:54
D-STAR委員会からのお知らせ
下記文書は、JARL事務局より配布予定のものです。近日中に管理団体に届く予定ですが、興味のある方に手順書の確認を含めてテストして頂く目的で公開しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/10/13 15:22
ID-RP2Cのファームウエアーの改修
JARL D-STAR委員会では、かねてよりD-PRS信号をI-GATEを通さず直接APRS網に転送する方法について検討を重ねてきました。最近、山掛けを含めて転送が出来る準備が整いました。この為には、ID-RP2Cのファームウエアーのアップデートと新規プログラムのインストールが必要です。この方法について、近々JARL事務局よりリピータ管理団体宛に通知が届きますので宜しくお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/07 18:14
自動応答の設定(電波法違反に注意)
一部のレピータでレピータと同じコールサインで自動応答を設定されている例が見受けられますが、レピータ内部でソフトで自動応答を設定しているのであれば問題ないのですが、D-STAR対応無線機に自動応答を設定してサービスをされている場合は、電波法違反になります。「電波法関連審査基準」のレピータの項を見て頂くと分かるのですが、レピータとして機能する無線機以外、無線局免許状に含まれていないはずです。電波を発射する形で自動応答をレピータコールサインで設定されている場合は、その無線機は無免許で電波を発射している... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/25 23:05
「USB-3000/USB-3003」について
「USB-3000/USB-3003」について USB-3003では、一部設定ができないモードがあるとの指摘をDVSI社から受けました。金額も高額であることから、また、現在アマチュアで使用されているモードを全て網羅したいことからAMBE3003を使用してアダプターを作ることにしました。現在AMBE3003のICチップの単価を問い合わせ中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/12 09:36
「USB-3000/USB-3003」について
「USB-3000/USB-3003」について 代理店から回答がありました。1個から入手可能なのですが金額が27万円と高額なのでどうするか躊躇しています。開発ツールを含むため高額なわかりますが、この金額ではアマチュアが使用できる金額ではありませんので、内容を確認してみます。AMBE-3003単体の金額がわかりませんが、AMBE2020が5千円以下で過去に入手していますので、IC単体での金額も確認してみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/09/11 10:28
USB-3000/USB-3003
USB-3000/USB-3003 最近DVSI社(Digital Voice Systems, Inc.)のホームページを見ていて気が付いたのですが、USB-3000とUSB-3003としてAMBE3000もしくはAMBE3003(どちらもD-STARで使用されているAMBE2020に対して上位互換です)が実装されたUSBステックが発売されいます。これを使えば、PC側のソフトを新規に開発は必要がありますがDongleの青箱と同じものができそうです。青箱と同様に、A/D、D/A変換は実装されていませんので、PC側で処理する必要... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/09/09 10:44

続きを見る

トップへ

月別リンク

D-STAR技術情報/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる