海外との交信について{追記があります)

現在国内のレピータがJARLによって海外との交信を制限しているという情報が流れていますが、この様な事実はありません。これまで通り、国内の局に関しては、過去3か月以内にゲート超えで交信を行った局と国内のレピータの情報を一時間に一回米国の管理サーバーに転送しています。また米国からは、米国の管理サーバーとの間で情報を交換している米国国内のレピ…

続きを読むread more

multi_forwardの自動アップデートについて

レピータ管理団体の皆さまには、レピータの安定した稼働にご協力いただき有難うございます。現在dmonitor等のプログラムの安定した稼働の為、適時multi_forwardのアップデートを実施しております。通常ですと、アップデートがある場合、午前4時前後にアップデートが実施されます。この時間帯に電源を落とされているレピータの場合、正常にア…

続きを読むread more

multi_forwardに接続したプログラムからRFに送信されない件(その2)

先の書き込みで送信できない場合は、UDPのポート30010を開いてていただくようお願いしましたが、ルータによっては戻りのNATが機能しないものがあることが判明しました。30010を開けても送信されない場合は、UDPのポート51000をj開いて頂くようお願いします。UDPポート40000と同じ方法で開いてください。

続きを読むread more

現在判明している不具合について(追加4)

8.multi_forwardからdmonitor等へ転送しているパケットが、遅い回線で接続しているdmonitor等が足を引っ張って他の接続先への転送でパケット欠落を引き起こす現象が発生しています。現在応急処置としてmulti_forwardからの転送時に送信キューに転送が完了しないでも次の処理に移るように変更しています。この変更でど…

続きを読むread more

219.117.204.205からhole punchサーバーにアクセスされている方へ

現在hole punchサーバーへのクローズ処理の関係で、標題のIPアドレスからの接続だけが、大量に接続が維持されたままになっています。お手数ですが、インターネット側からの読み込みの終了をパケット長0(ゼロ)で判定するのでなく、jsonの括弧のバランスで判定して頂くか、要求に対するHTTPヘッダのレスポンスに含まれるlengthで読み込…

続きを読むread more

V01.26 dmonitor

先ほど書き込みました不具合7に対応しました。但し、一定以上のパケットは読み捨てますので、途中で音声が切れます。また、ヘッダーを検出しれば、再開しますが、同一局のパケットの場合は、プツプツ切れます。(dmonitorのバグではありません。) なお、特別な修正がない限り、イメージファイルの提供はしませんので、デポジトリーからアップデー…

続きを読むread more

現在判明している不具合について(追加3)

7.一部のプログランで、音声パケットを間隔を取らず連続して複数個転送してくるものがあります。(回線の状態によるものと思っていたのですが、パケットをモニターしていますと、同じパターンが常に繰り返されますので、そのようにプログラムされているのではないかと思います。)仕様書の推奨には書いてあるのですが、各々20ミリ秒間隔で転送して頂くようお願…

続きを読むread more

V01.25 dmonitor (ミスタイプを修正しました 赤字のところです)

V01.25をアップロードしました。一応仕様を順守していないパケットの内、対応可能なものには対応しました。 一昨日から各地のレピータに接続させていただきパケットを確認していたのですが、dmonitorが異常終了するのは、確認できた全てで、仕様に準拠していないパケットが原因でした。どのプログラムが該当するのかは、こちらでは分かりかね…

続きを読むread more

現在判明している不具合について(追加1)

5.最終フレームの一つ前のパケットのデータエリアに 0x55,0x55,.0x55でなく0x55,0x59,0x55を設定されているプログラムが存在します。このままでは、一部のプログラムで無線機が音声の終了と判定できませんので、修正して頂くようお願いします。 追記 先の、2,3および今回の5に関しては、無線機がハングし無線機から…

続きを読むread more

現時点で判明している不具合について

現時点で判明している不具合について 1.JP2YHP A(愛知医科大学430)に接続されている局の中にループを発生させているプログラムを使用されている方がおられます。こちらからでは、どなたが使用されているどのプログラムが原因かは分からないのですが、使用されているプログラムやレピータのRFから受信した音声がおかしいときは、使用を中止…

続きを読むread more

リピータの接続リスト

hole_punchサーバから、接続先のリストを得る手順を、HTTP 1.1の仕様に変更しています。ポート番号は、これまで通り30011ですが、旧仕様のままではリストを得ることはできません。また、この旧接続手順のアクセスによる、大量のソケット消費が発生し、一部のdmonitor利用者から、レピータ一覧が表示できないとの苦情を頂いています…

続きを読むread more

V01.24 dmonitor

各局へ やっと原因が判明しました。特定のアダプタからの最終パケットが仕様書に準拠していないためでした。こちらで確認している利用者が複数おられることから、dmonitor側で対応しました。 なお、12時前にアップデートされた方は、一部の表示に間違いがありますので、一度削除の上、再インストールしてください。イメージファイルは、後ほど…

続きを読むread more

multi_forwardに接続したプログラムからRFに送信されない件

標題の現象のレポートを頂きました。問題を起こしているレピータと接続に使用されているプログラム間のパケットを見ないと正確なことは言えないのですが、multi_forwardへのパケットの渡し方が間違っているのではないかと思います。multi_forwardは、将来ルームとしても機能させることを前提として作成されています。このため、皆さんが…

続きを読むread more

dmonitor V01.23

昨日アップしました、V01.22は、回線の負荷が高負荷になる夕方から夜にかけてのパケットロスが多発し、切れる現象が多発しましたので、処理方法を変更しました。回線の高負荷状態での動作確認ができていませんので、動作が安定しないかもしれませんが、試してください。なお、イメージファイルは、これから作成しますのでしばらくお待ちください。イメージフ…

続きを読むread more

dmonitor V01.22

一部の利用者からのパケットに順序が乱れていましたので、対策を行いました。 作業の現状 d-starで使用しているUDPパケットは、転送の順序、到達を保証していません。光回線が普及した現在、パケットのロスは確認していたのですが、順序が乱れる現象は確認できていませんでしたので、処理を省略していたのですが、減少が確認されましたので…

続きを読むread more

dmonitorでアクセスできないレピータ

一部のレピータで「レピータ一覧」に表示されていてもアクセスできない現象が発生しています。これは、レピータのファイアーウオールもしくはルータの設定で、外部からのアクセスを遮断しているためです。通常は内側から外部にアクセスした場合、このアクセスに対して外部からの応答を受け取るように動作するのですが、設定によっては、外部からのアクセスを受け取…

続きを読むread more

ソケットの枯渇の対応版の暫定運用

ソケットの枯渇に対応したhole_punch等のテストの為、暫定的に運用を再開しました。dmonitorは、V01.21からが対応版です。旧バージョンは、稼働しませんのでアップデートの上、使用ください。なお、不具合が見つかった場合は、運用を止めますので、よろしくお願いします。 管理サーバとは、別件ですが当方宅で各地のレピータをモニ…

続きを読むread more