インターネット回線の応答が遅くなっています

管理サーバー等の原因ではないのですが、インターネット回線の応答(スピード)が遅くなています。リモートワーク等の影響によるものと思われますが、この影響でdmonitorからレピータに接続できない事象が発生しています。これとは別なのですが、インターネット回線の特徴として新しいサイトに接続する場合、経路を確定するまで時間がかかることがあります…

続きを読むread more

hole_punchサーバーに対するDDoS攻撃 (dmonitor V01.42)

hole_punchサーバーに対するDDoS攻撃の対応を行いました。これに伴い、dmonitorも対応するため、アップデートしました。バージョンは、V01.42です。また、対応ができているかどうかの確認の為、今朝ほどのブロックは、全て解除しました。なを、レピータへ接続できるかどうかの判定時間を3秒から10秒に変更しました。

続きを読むread more

hole_punchサーバーに対するDDoS攻撃

現在IPアドレス60.62.113.49からDDoS攻撃と思われるアクセスを確認しています。このアクセスの関係で、dmonitorの「レピータ 一覧」の表示が異常に遅くなっています。詳細は、調査中なのですが、対策がとれるまで、該当IPアドレスをブロックさせていただきます。 6月20日追記 IPアドレス 220.152.17.7 …

続きを読むread more

multi_forward

multi_forwardのupnpルーティンが最新のルーターに対応していないことが判明しました。このバグを修正したV00.56-1をアップロードしました。明朝の自動アップデートで修正版に差し替えられます。

続きを読むread more

海外局の情報交換は正常になりました (追記があります)

K5TITとの情報交換は、先ほど正常になりました。12時(6月16日)の情報アップデートから、正常になります。 追記 管理サーバーに一部バグがあり、先ほどまで管理サーバーの情報が18時(6月16日)頃まで更新されない事象が発生していました。現在は正常です。

続きを読むread more

dmonitor_01.41

dmonitor_01.41をデポジトリーにアップロードしました。今回のアップデートは、レピータに接続できない場合の判定時間を短くしました。3秒です。これ以外では、ラズパイのCPU温度を知りたいとのリクエストがありましたので、個別でなくmonitorixと呼ばれるCPU等の情報を表示するプログラムをインストールし、表示するようにしました…

続きを読むread more

6月12日22時40分頃アクセスが中断する事象が発生しています(追記があります)

6月12日22時40分数分間、管理サーバーへのアクセスが中断する異常を検出しています。現在、原因を調査中です。 追記 正確には、6月12日22時39分20秒頃から約1分間、hole_punchサーバーがDDoS攻撃を受けていたようです。現時点では、IPの特定には至っていません。また使用されたと思われるプログラムに関しても、現時点…

続きを読むread more

D-STAR Hole Punch Server Statusへのアクセス

D-STAR Hole Punch Server Statusは、特定ユーザーの為(P2P)のプログラムでなく不特定多数を相手にする(P2N)プログラムです。通常のブラウザー経由でのアクセスであれば、ソケットを占有することはないのですが、D-STAR Hole Punch Server Statusにアクセスをするプログラムを作成される…

続きを読むread more

管理サーバーへのブロックについて

「異常な位置情報の書き込み (その5)」の再掲載になりますが(5月17日の書き込み) 一応対策は終わりましたので、ブロックしていたIPアドレスのブロックを解除しました。この解除により、管理サーバへのアクセスはレピータのIPアドレス書き換え以外は、通常通り使用できます。なお、対策までの間、先の書き込み以外に2か所(合計5か所)の異常…

続きを読むread more

dmonitor V01.40 のバグ

リグの設定にバグがあります。DVAPを使用されないのであれば影響はないのですが、DVAP設定用のファイル名にバグがあります。次期バージョンで修正しますが、下記方法で修正してください。 F11を押してメニューバーを表示し、lxtermailを起動し下記コマンドを実行して下してください。 cd /var/www ls で…

続きを読むread more

dmonitorに関する問い合わせ

dmonitorに関する問い合わせですが、D-STAR委員会が公表している内容に関しては、委員会が公表しているアドレスにして頂くようお願いします。(公表資料に明示してあります。)他のアドレスでは、お答えできませんのでよろしくお願いします。また、委員会以外が公表している内容に関しては、資料を公表している個人または団体にお問い合わせください…

続きを読むread more

管理サーバーの情報の更新他

dmonitorには、管理サーバーの情報更新機能はありません。更新しているのは、multi_forward(V00.56以降で修正しました)です。また、パケット量を最小限にするため、dmonitorがmulti_forwardに接続された直後の最初の送信時のみでそれ以後は、管理サーバーに対して情報の更新を行っていません。ですので、書き換…

続きを読むread more

dmonitor V01.40

dmonitor V01.40をアップロードしました。Web周り(http;//localhist/simple.html のバグ)を修正しました。また、インストーラーも修正しましたので、「システム メニュー」から、アップデートできますので、こちらからアップデートしてください。これにともない、V01.36、V01.38、V01.39の接…

続きを読むread more

dmonitorが接続できないレピータ

内容は、再掲載になりますが、dmonitorの「レピータ 一覧」に表示されていても、dmonitorから接続できないレピータが存在します。この原因は、レピータ側からはポート51000のUDPパケットは送られてくるのですが、ルターもしくはPCの設定で受け付けない設定になっている場合です。パケットを破棄する設定になている場合です。ブロックす…

続きを読むread more

multi_forwardのアップデート

今朝ほど(6月9日)の自動アップデートでmulti_forwardの位置情報が更新されないバグを修正しました。なお、送信のたびに位置情報を更新するのでなくmulti_forwardに接続後、最初の送信時のみ更新されます。自動アップデートが実施されていないレピータに関しましては、お手数ですが手動でアップデートして頂くようお願いします。

続きを読むread more

RPT1とRPT2の設定が間違ったパケット

RFヘッダーのRPT1とRPT2の設定の順序が間違たパケットが見受けられます。原因がプログラムなのか設定の間違いなのかは、現在調査中ですが、このようなパケットが続く場合は、該当パケットを送信しているIPアドレスをブロックさせていただきます。 RFからの送信の場合(もしくは、RFからの送信に見せているプログラム)は、RPT1がエリア…

続きを読むread more

dmonitorのアップデート

dmonitorのWebサーバーのlighttpdアップデートに伴い、デポジトリーからのアップデートが失敗するようです。アップデート後、正常に起動しなし場合は、F11を押してコマンドが受け付けられるようにLxterminalを起動し、手動でアップデートを実行してください。 sudo apt clean sudo apt upda…

続きを読むread more

dmonitor 01.37

バグが見つかりましたので使用しないでください。 これまでターミナルモードをサポートした無線機だけでしたが、01.37からDVAPをサポートしました。なお、USBのインターフェースの関係で、無線機を変更した場合は、一度再起動する必要があります。なお、DVAPかアイコム社を選択するのかは、システムツールで設定できます。また、DVA…

続きを読むread more

multi_forward

現在、各レピータで稼働していますmulti_forwardの一覧がdmonitorのメニュー画面等で確認できますが、ここに表示されていても接続できないレピータも存在します。これは、レピータ側でポート51000(udp)に対するアクセスが制限されている為です。通常ですとレピータ側からの送信に対する応答は、ブロックされることなく通過するので…

続きを読むread more

dmonitorの送信バグ

異常パケットの対策でバグがあり、皆様にはご迷惑をおかけしました。バグがありましたのはmulti_forwardですので、dmonitorのアップデートはありません。なお、multi_forwardの修正版はV00.55です。これ以外は管理サーバが受け付けないように変更しましたので、自動でアップデートされていないレピータに関しては、お手数…

続きを読むread more